日焼け止めの上手な使用法
紫外線には日焼け止め タイプ別日焼け止め ニキビ用日焼け止め リンク集 サイトマップ
紫外線には日焼け止め
太陽光が真上から降り注ぐ真夏の紫外線は、冬と比べ2倍の量があるとされています。また真夏の日照時間は冬場よりも長く、時間的に少しだからと思っていても、間違いなく肌を攻撃します。日本人の肌はきめが細かく、紫外線がしわ・シミなどを引き起こす可能性は、とても大きいです。

紫外線が当たらないようにするための品物で、よく用いられるのが、帽子と日傘です。この2つだけで、直射日光のうちの95パーセントも、当たらないようにすることができます。ただこれはあくまで、“直射日光”に限ってのお話です。道路上を歩いていれば、日光は地面に当たって反射してきますし、建物の外壁に当たった日光も同様です。

紫外線対策に有効なことが、確認されている食物中の成分もあります。リコピンという成分名は、ここのところ各所で取り上げられることが多いですから、聞いたことくらいはあると思います。トマトに含有量が多いことが、よく知られているところですが、スイカにもリコピンは多く含まれています。このリコピン、さらにはビタミンC・ビタミンE・ぶどう酒などに多く含まれるポリフェノールも、紫外線対策効果の大きい成分として分かっており、知識のある人は意図して、食事でこれらの成分を含む食品を、多く食べるように心がけています。

これに加えて、紫外線対策として欠かせないのが、技術開発も進んできた日焼け止めでしょう。日焼け止めについての正しい知識を身に付ければ、これほど心強い味方は、ほかにはありません。


《 紫外線対策に関するおすすめサイト 》
紫外線対策は日焼け止めクリームを塗るだけでなく、食品や日焼け止めサプリを摂取することで内面からの対策もできます。特に日焼け止めサプリは、1日1回飲むだけという手軽さがあります。紫外線対策に面倒さを感じている方にはぴったりかもしれません > 日焼け止めサプリ
Copyrightc2017 日焼け止めの上手な使用法 All Rights Reserved.