日焼け止めの上手な使用法
紫外線には日焼け止め タイプ別日焼け止め ニキビ用日焼け止め リンク集 サイトマップ
ニキビ用日焼け止め
“青春のシンボル”ともいわれるニキビは、思春期になると当然のように発症する病態です。生理現象と言った方が、適切かも知れません。脂質などを多く含有する日焼止めも少なくないことから、日焼け止めを塗布することに、抵抗を感じる若い人も、1部いるようです。しかし日焼け止めには、ニキビがある人でも使える日焼け止めもありますので、それを使うことがお勧めです。

仮にそれが使われていないニキビ肌に、紫外線が当たると、さらにニキビができやすい肌となってしまい、炎症の度合いが大きくなります。肌には、紫外線から防御しようする性質があり、角質を今よりも厚く堅くしようとします。これを、過角化と言います。毛穴が小さくなってしまいますから、皮脂汚れが落ちにくくなり、ニキビが今以上に、できやすい肌になります。

日焼け止めに配合されていることが多い紫外線吸収剤ですが、これには皮膚障害やアレルギーの可能性が、あることが分かっています。ですからニキビ肌の人は、紫外線散乱剤だけの紫外線吸収剤が入っていない、日焼け止めを選ぶべきです。着色料や香料も肌にはよくなく、無着色・無香料の日焼け止めを選んで下さい。ご想像の通り、油分が多い日焼け止めも、毛穴に詰まることで雑菌発生の可能性を高める上、油分の酸化はニキビ発生へとつながります。
Copyrightc2017 日焼け止めの上手な使用法 All Rights Reserved.